向き合う事が大切

PR|本棚通販サイト|バイクのメッキ処理|都内のエナジーテラピーのサロン|遺品整理士のいる業者なら|

 

生きていれば、誰でも不安に思うことはあるはずです。ある人は自分で不安を解決し、ある人は誰かに相談します。しかし、中には解決の相談も出来ずに、一人で悩む人もいます。そういった人たちは常に不安を持って生活しています。

中でも、不安障害の人たちは常に何か漠然とした不安を抱えています。不安が何かわからないことが不安だという考えもあります。不安障害は誰にでも起こりうる心理的な問題です。生まれてから今までに不安を持ったことがない人はいないでしょう。だれしも不安に思うことはあるのです。何かを一番最初に行うときに、一人で何かを行うときに、失敗できないとき、人は不安なのです。不安障害は、そういった不安を過剰に感じてしまう人のことです。不安障害はいつ、誰がなってもおかしくないくらい身近にある病気なのです。

そこから、さらにうつ病になったり摂食障害になる人もいます。不安を抱えながらの毎日は楽しくないことでしょう。どうせなら、不安や心配は少なく生活をしたいものです。
そのためには周りの人の手助けが必要なのです。

不安障害の人は常に不安と戦っているのですから、周りの人が助けてあげる必要があります。カウンセラーの私の元にも不安障害のひとは来ますが、毎日カウンセリングを行うことはなかなか難しいです。どうしても、カウンセリングが出来ない日があります。しかし、不安障害の人は不安がなくなることはないのです。だから、周りの家族や友達がサポートしてあげる必要があります。専門的なことはわからないかもしれませんが、話を聞いて落ち着かせることはできます。一人で不安を抱えなくてすむようにしてあげることが必要です。

不安の原因を聞いてあげたり、相談にのってあげたり、ストレス発散に付き合うなど、少しでも向き合うことができれば、その人にとって嬉しいことはないでしょう。きっと相談したいと思っているはずです。相談に乗るのに資格は必要ありません。そういった、小さなSOSに気づき、少しでも、一人で悩みを抱えている人を減らして行きましょう。

 

PR|WEBマーケティングなら|マッサージのリアル口コミ.com|家計見直しクラブ|貯蓄|生命保険の選び方|お家の見直ししま専科|SEOアクセスアップ相互リンク集|ショッピングカート|童話の世界|童話|

コメントを残す